賃貸物件における工夫

賃貸物件における工夫
賃貸物件における工夫

賃貸物件における工夫

現在僕は、とある賃貸アパートに一人暮らしをしています。大学まで実家から通っていた事もあり、自分だけで部屋を決めて、自分だけで家賃や光熱費を払って、自分だけで住むというのは、今までの人生の中ではじめての経験です。ただ、一人暮らしの経験はあったので、今のアパートに引っ越してまだ一年も経ちませんが、それほど寂しい思いも、不自由もしていません。

ただ一つだけあるとすれば、賃貸物件である為、壁に穴をあけるわけにはいかない、という事です。生活用品の整理のために、棚を壁に設置したくても、ネジで固定するわけにはいかないのです。しかし、それならそれで、例えば吸盤で固定するとか、壁を破損しない程度の粘着力がある両面テープで固定するなどの方法があります。

そういった事を考えるのも、賃貸物件ならではの楽しみ方なのではないかなと考えています。自由があまりきかないかもしれませんが、その状況でいかに便利に過ごすか、最近はそればかり考えていて、おかげで趣味が一つ増えたと、自分の中では嬉しい事だと捉えています。今の悩みは、もうひとつの趣味であるプラモデルをどこに陳列しようかという事です。作りすぎて飾る場所がなくなってきたのですが、そのスペースをいかに捻出するのを考えるのも、また楽しいので、それほど苦には感じておりません。


Copyright(c) 2015 賃貸物件における工夫 All Rights Reserved.